Skip to content

homehomehome GUNMA

F’s Style「ホワイト×ブルーの家」

F’s Style(エフズスタイル)の「ホワイト×ブルーの家」。延べ床面積約35坪の2階建てのZEH対応住宅です。1階はパブリックスペースであるリビング、ダイニング、キッチン、洗面所、バスルーム、トイレを廊下なしでつないでいるのが特徴です。リビングには畳スペースがあり、普段使いはもちろん、来客時にには客間として使えるようになっています。全てのスペースがつながっているのにゾーン分けが明確で合理的。 一方、2階はプライベート空間。主寝室、子供部屋、テレワークルーム、室内干しに対応したフリースペース、広めのウォークインクローゼット兼納戸となっています。
内装は白とブルー。窓の形や位置も工夫が光るこだわりの家でした。次回のオープンハウス、問い合わせはF’s Styleのホームページから。

大進建設「宿泊体験モデルハウス」

大進建設の「宿泊体験モデルハウス」はその名の通り宿泊体験ができるモデルハウスです。2013年に設計・建築されました。細長い敷地を生かしたさまざまな工夫が光る魅力的な家です。
薪ストーブを置いた玄関ホールを挟んで左にリビングダイニングルーム・キッチン、右には和室・寝室・洗面所・バスルーム。キッチンのパントリーは玄関脇のクローゼットにつながっています。寝室にはウォークインクローゼット、ランドリースペースや洗面、階段下など収納も充実。
このまま建てた人、基本コンセプトはそのままダウンサイジングした人など見る人、体験する人を魅了する人気のモデルハウスです。まずは見学!見学の申し込みは大進建設株式会社のホームページから。

大熊住宅「猛暑日もエアコン1台 高気密高断熱の家」」

今年も猛暑日が続いた高崎。撮影日も猛暑日でしたが、玄関に入るとひんやり。エアコンはLDKに設置された1台(18畳用)だけ。大熊住宅の大熊社長は「高気密高断熱の性能は玄関でわかる。玄関が暑い、寒いはNG。このまま寒冷地にも建てられる設計」と胸を張るだけあって涼しい。そして広い。LDKの吹き抜けのデザインも秀逸で、悪目立ちすることなく空気の循環と家族のコミュニケーションを可能にするポイントになっています。
玄関クローゼット、パントリーなどの収納のほか、2階のホールは室内物干しスペースとして使えるようになっています。必要なスペースは十分に取りながら、1階は部屋と部屋をつなげ、2階も廊下を必要最小限に抑えたことにより実際の面積(延べ床面積38坪)より広々とした印象。要望、環境、予算に合わせてゼロから設計図を引く大熊住宅ならではの実力が見える家でした。見学会などの情報は株式会社大熊住宅のホームページから。

草処建設「子育て世代の平家」

希望や予算に応じて様々な「プラス」を考えてくれる草処建設。平家も得意分野の一つです。今回は30歳代のご夫婦のお住まいを見せていただきました。玄関からLDK、奥の廊下を挟んで子供部屋、主寝室と続きます。LDKは23畳。床はカバ桜の無垢材、天井は群馬県産のスギ板を張った勾配天井と自然素材に包まれたた広々とした空間です。テレビボード・食器棚などの家具はすべて大工さんによる手作り。LDKの一角には便利な和スペース、キッチンの奥には広いパントリーが。
LDKの部分には広い軒。これは開口部の大きいLDKの夏の日差し対策ですが、建物全体のアクセントにもなっていて、単調になりがちな平家の外観にデザイン的要素がプラスされています。
陽当たりの良さと平家ならではの大きな屋根を生かし、太陽光パネルを設置。オール電化、耐震・免震構造と機能満載の住宅でした。まずは見学会や相談会に参加してみてはいかがでしょう。お問い合わせは草処建設株式会社のホームページから。

安藤工務店「趣味を楽しむ家」

安藤工務店の「Bino ALLen(ビーノアレン)」を見てきました。このBino ALLenは延べ床面積32坪。安藤工務店の安藤淳さん、香保里さん夫妻の自宅で、モデルハウスにもなっています。お二人とも一級建築士で、香保里さんは設計室長。その香保里さんがアレンジしたBino ALLenはアウトドア好きな方だけでなく、 インドア派にもおすすめのコーディネートでした。
アンティーク収集が趣味の香保里さん。建築時に、リカちゃん人形、プレート、カップ&ソーサー、山形の土雛など多数の収集品を身近に置いて楽しめる工夫が。好きなものに囲まれ、休日の朝には自分で焼いたパンを紅茶とともにデッキで楽しむ。そんな生活が楽しめるBino ALLenを実際にご覧になりたい方は、株式会社安藤工務店のホームページから。

breath house「日常の暮らしにリゾートの風」

breath house(ブレスハウス)の「コンフォートハウス」。ロフト付きの平屋で、二人でゆったり暮らすのにちょうどよさそうなサイズ感。木とアイアンとタイルが織りなす空間はまるで海辺のコテージのようでした。ブレスハウスの家はキッチンに特徴があります。キッチンと言っても台所的なものではなく、海外のそれ。見た目だけではなく、キッチンに対する考え方が違います。たとえば映画などに出てくる来客を通すキッチンです。そしてそのキッチンが名実ともに暮らしの中心に据えられ、スペースも十分に取られています。
一般的にふたり暮らしの始まりは結婚の時、そしてリタイヤ後。コンフォートハウスはふたり暮らしをスタートする方に人気があるそうです。日常の暮らしに吹くリゾートの風をモデルハウスで実際に感じてみませんか。問い合わせはbreath houseのホームページから。